Google アナリティクス

脱デフォルト!役立つGoogleアナリティクス設定まとめ

「Googleアナリティクスを導入しているけど、初期設定のタグを貼っただけで何もしていない…」
「毎月セッション数やページビューの増減を確認しているだけで、コンバージョンの設定は何もしていない…」

このような人は結構多いと思います。Googleアナリティクスの設定と言っても、どこを設定すればいいのかわからないし、誤った箇所を変更してアクセス解析のデータがおかしくなったら困りますよね?

その気持は良くわかります。私も使い始めた時はそうでした。しかし、取得できるはずの貴重なデータ利用できないので、損をしています。初期設定のままでは、より精度の高いデータ、新規コンテンツの気付きとなる情報、PDCAをしっかり回すための指標といった重要なデータが十分に取得できません。

特にアフィリエイトサイトにとって、これらの情報は、コンバージョンレートの向上のための既存記事の更新や、新規コンテンツの作成、新規サイトの企画を行う上で非常に役立ちます。

今回は、Googleアナリティクスをもっと便利にする設定をまとめました。旧タイプの非同期型Googleアナリティクスではなく、ユニバーサル・アナリティクス版です。各記事で設定方法を、わかりやすく画像付きで解説します。

続きを読む

Googleアナリティクスでサイト内検索のキーワード取得する設定方法

Googleアナリティクスで少し設定をするだけで、サイトへ訪問したユーザーがサイト内検索で入力したキーワードを取得することができます。

Googleの場合はSearch Console(サチコ)で、Yahooの場合はGoogleアナリティクスでキーワードを取得できますが、これらはサイトに訪問する前のキーワードです。

数は少ないですが、サイトに訪問したユーザーが、あなたのサイトのコンテンツを見て、「今の記事には載っていなかったけど、こんな情報はないのかな?」と思って検索するキーワードがサイト内検索のキーワードです。サイト内検索のキーワードは、サイトに訪問してくれたユーザーが「足りない」と感じている情報を知る手がかりになります。

Gooleアナリティクスでサイト内検索のキーワードを取得する設定手順を、画像付きでわかりやすく説明します。

続きを読む

Googleアナリティクスへ簡単に検索エンジンを追加する手順

docomoやauのポータルサイトで検索してあなたのサイトへのアクセスがあっても、初期設定のままだと「参照サイト」と認識され、「検索エンジン経由のアクセス」と認識されず、検索キーワードが取得できません。

初期設定のままではキーワードを取得することが出来ませんが、これらの登録されていない検索エンジンを追加で登録すれば、キーワードを取得できるようになります。しかし、一つ一つ手作業では、登録作業にかなり手間が掛かります…

Googleのキーワードが取れなくなったため、検索キーワードは非常に貴重な情報になりました。本来は手間が掛かる検索エンジンの追加作業を、簡単に登録して、できる限り多くのキーワードを取得する手順を説明します。

続きを読む

Googleアナリティクス|関係者アクセスを除外する設定まとめ

「サイトの表示を確認していたら、ページビューが跳ね上がってしまった…」
「自分のアクセスの水増しのせいで、コンバージョンレートが大幅に下がっている…」

このような経験はありませんか?Googleアナリティクスで自分や関係者のアクセスの除外設定をしないと、このようなミスが発生してしまいます。自分や関係者のアクセスを除外する設定を、画像付きでわかりやすく説明します。

続きを読む

Googleアナリティクス|自分のアクセスをクッキーフィルターで除外する設定

Googleアナリティクスで関係者のアクセスを除外する設定で、このような悩みはありませんか?

「ネットで検索してGoogleアナリティクスのクッキーフィルタを掛けたけど、自分のアクセスが除外されない…」
「ユニバーサル・アナリティクスにアップグレードしたら、自分のアクセスが計測されるようになった気がする…」

ユニバーサル・アナリティクスでは、クッキーフィルタでアクセスを除外する設定方法が、以前の非同期のGoogleアナリティクスと異なります。ユニバーサル・アナリティクスでの設定方法を説明します。

続きを読む

Googleアナリティクス|拡張リンク アトリビューション有効化の設定手順

Googleアナリティクスのページ解析は、内部リンクのクリック数やファーストビューで表示されている領域が、わかりやすく表示されるので便利です。

しかし、「同じURLへの内部リンクが複数あると合計して計算される」という問題があります。リンクの設置場所が異なっても同じURLであればクリック数が合算されるため、どちらのリンクがより多くクリックされたのか、わかりません。

拡張リンクのアトリビューションを設定することにより、この問題が解決します。ユニバーサル・アナリティクスとタグマネージャーで設定する手順を今回は説明します。

続きを読む

画像付き!Google タグマネージャーの初期設定手順

新規サイトを立ち上げるときは、タグマネージャーの設定に限らず、経験者であっても何かの手順が抜けてしまう、ということはよくありますよね。

久しぶりにタグマネージャーの設定をしたら、案の定設定が抜けていたので、下書きに眠っていた記事を掘り起こして公開することにしました。

タグマネージャーにGoogleアナリティクスのタグを設定する、初期設定の手順を画像付きでわかりやすく説明します。

続きを読む

Google アナリティクスで外部リンククリックをコンバージョンとして計測する方法

アフィリエイトリンクがどれくらいクリックされたのか、Google アナリティクスで計測できたら便利だと思いませんか?

外部リンククリックをコンバージョンとして設定すれば、どのページで外部リンククリックが発生したのか、クリック率(CTR)をすぐに把握することができます。

CTRはASPの管理画面でも確認できますが、Google アナリティクスでコンバージョンとして設定することにより、どのようなページ遷移でクリックに至ったかなど、より詳しく分析することが可能です。

従来の設定方法では、タグの手入力が非常に面倒で大変でした。しかし、Google タグマネージャー(以下タグマネージャー)を使うことにより、従来よりも簡単に外部リンククリックをコンバージョンとして、計測できるようになりました。設定方法を、画像付きでわかりやすく説明します。

続きを読む

Googleアナリティクスのデータからユーザーの好みを知りサイト作成に活かそう

Google アナリティクスを導入していても、初期設定のまま放置していませんか?セッション数をぼーっと眺めているだけで、先月から増えた、減ったと眺めているだけでは宝の持ち腐れです。

少し設定を追加するだけで、今まで見えなかったどのようなユーザーがあなたのサイトに訪れているか、わかるようになります。

初期設定のままだと、サイトの訪問ユーザーの性別、年代、興味のある分野といったデータは、わかりません。ユーザーの分布とインタレストカテゴリの設定を有効にすると、サイトに訪問したユーザーの性別、年代、興味のある分野のデータを確認することができます。

これらのデータを確認して、新規コンテンツの内容に反映させることは当然ですが、訪問ユーザーの興味のある分野で別サイトを作ってリマーケティングで誘導するといったことも可能となります。

Google Analyticsのプロパティ設定かレポートの項目で、この設定を行うことができます。それぞれの設定方法を説明します。

続きを読む

Top