公開日:

Googleアナリティクス|拡張リンク アトリビューション有効化の設定手順


Googleアナリティクスで拡張リンクアトリビューションをオンにする

Googleアナリティクスのページ解析は、内部リンクのクリック数やファーストビューで表示されている領域が、わかりやすく表示されるので便利です。

しかし、「同じURLへの内部リンクが複数あると合計して計算される」という問題があります。リンクの設置場所が異なっても同じURLであればクリック数が合算されるため、どちらのリンクがより多くクリックされたのか、わかりません。

拡張リンクのアトリビューションを設定することにより、この問題が解決します。ユニバーサル・アナリティクスとタグマネージャーで設定する手順を今回は説明します。

1. 拡張リンクのアトリビューションを有効化

拡張リンクのアトリビューションを有効化すると、複数の同じURLへのリンクがある場合に、それぞれのリンクの個別のクリック数とパーセントを、Googleアナリティクスの「ページ解析」で確認することができます。

例えば、サイドバーと記事下にセリングページヘの内部リンクを設置している場合、拡張リンクのアトリビューションを有効にしていると、どちらの内部リンクがよりクリックされているかが、わかります。

注意!外部リンクは計測できない

ページ解析では、拡張リンクのアトリビューションを有効にしても、外部リンクのクリックを計測することはできません。内部リンクのクリックしか計測されません。

外部リンクを計測する時は、イベントトラッキングで計測する必要があります。ユニバーサル・アナリティクスとタグマネージャーを使った、イベントトラッキングの設定手順を以下の記事で詳しく説明しています。

Google アナリティクスで外部リンククリックをコンバージョンとして計測する方法

2. Googleアナリティクスのプロパティ設定で設定

「アナリティクス設定 → プロパティ設定」を開くと表示される「拡張リンクのアトリビューションを使用する」を「オン」に変更します。

Googleアナリティクスで拡張リンクアトリビューションをオンにする

3-A. タグを貼り付け(ユニバーサル・アナリティクス)

ソースコードに直接、Googleアナリティクスのトラッキングコードを貼り付けている場合は、以下の赤字のコードを追加します。赤字のコードを追加しないと、プロパティ設定でオンにしても、拡張リンクのアトリビューションが計測されないので、注意しましょう。

ga(‘create’, ‘UA-XXXX-X’);
ga(‘require’, ‘linkid’, ‘linkid.js’);
ga(‘send’, ‘pageview’);

3-B. WordPressプラグイン「Google Analyticator」で設定

WordPressの「Google Analyticator」というプラグインを使えば、拡張リンクのアトリビューションだけでなく、トラッキングコードの貼り付け、イベントトラッキングの設定を簡単に行うことができます。

拡張リンクのアトリビューションの設定は、”Enhanced Link Attribution:”を”Enabled”に変更するだけです。

Google Analyticatorで拡張リンクアトリビューションをオンにする

3-C. タグマネージャーで設定

タグマネージャーの場合は、Google Analytics(Universal)を設定したタグを選択し、「③タグを設定 → その他の設定 → 高度な設定 → 拡張リンクのアトリビューションを有効化」を「真」に変更するだけで設定は完了します。

その他の設定をクリック

その他のタグの設定

拡張リンクのアトリビューションを使用する上で、以下の注意点を覚えておきましょう。

①IDをそれぞれのリンクに指定しないと、拡張リンクのアトリビューションを設定しても、同じリンクとして合算されてしまう
aタグにIDが割り振られていなくても、DOM構造の3階層上まで自動で確認するようになっている。しかし、aタグにIDを割り振ってしまうほうが確実。

②外部リンクは測定不可能
※外部リンクはイベントトラッキングで計測する。

Top