公開日:2016年9月2日|

Google アナリティクスで外部リンククリックをコンバージョンとして計測する方法


Google Analyticsでコンバージョンが計測できている

アフィリエイトリンクがどれくらいクリックされたのか、Google アナリティクスで計測できたら便利だと思いませんか?

外部リンククリックをコンバージョンとして設定すれば、どのページで外部リンククリックが発生したのか、クリック率(CTR)をすぐに把握することができます。

CTRはASPの管理画面でも確認できますが、Google アナリティクスでコンバージョンとして設定することにより、どのようなページ遷移でクリックに至ったかなど、より詳しく分析することが可能です。

従来の設定方法では、タグの手入力が非常に面倒で大変でした。しかし、Google タグマネージャー(以下タグマネージャー)を使うことにより、従来よりも簡単に外部リンククリックをコンバージョンとして、計測できるようになりました。設定方法を、画像付きでわかりやすく説明します。

外部リンクをコンバージョンとして計測する方法

通常は、外部リンククリックをコンバージョンとして計測するには、トラッキングコードの修正だけでなく、以下のようなタグを一個ずつ手作業で入力する必要があります。

手作業ですから、間違いなく設定漏れが出てきます。リンクの変更があれば、更に間違いが発生する可能性があります。

主な設定方法

手作業で設定するよりも簡単に、外部リンクをコンバージョンとして計測する方法は、主に3つあります。

  1. WordPressのプラグインを使って設定
  2. アフィリエイトリンクへのリダイレクト用ページを作成
  3. タグマネージャーを使って設定(今回説明する方法)

他にも仮想ページビューやjQueryを使った方法もありますが、メンテナンスがしやすく、設定が簡単な方法は上記の3つです。

タグマネージャーを使って設定するメリット

今回説明する、タグマネージャーを使って設定する方法のメリットは、以下の通りです。

  • 手入力で全て入力するよりは、設定が簡単
  • WordPressでも、プレーンなHTMLのサイトでも、両方使える

しかし、この方法は「設定が簡単」と言っても、「全て手入力で設定するよりも簡単」であるだけで、少し設定は複雑です…

とにかく簡単に済ませたい人は、WordPressのプラグインを使った設定がオススメです。

WordPressのプラグインを使って簡単設定

「とにかく簡単に済ませたい!」という人で、WordPressを使っている場合は、WordPressのプラグインを使った設定がオススメです。

プラグインを使えば、簡単に外部リンクをコンバージョンとして設定することができます。詳しくは、以下の記事で解説されています。

WordPressでアフィリエイトしている人は「Google Analyticator」が便利 | しゅうまいの256倍ブログ neophilia++

以前は、私もWordPressのプラグインを使って設定していました。最近はプレーンなHTMLのサイトを作るケースが増えてきたので、今回説明するタグマネージャーを使って設定する方法に落ち着きました。

リダイレクトを使ってコンバージョン計測

WordPressでも、プレーンなHTMLのサイトでも両方使える、外部リンククリックの計測方法として、リダイレクトを使用する方法があります。昔からアフィリエイトサイトでよく使われていますね。

リダイレクトの流れ

最初にどのような流れで、リダイレクトを行うか説明します。まずは、一旦以下のようなリダイレクト用のページを作成します。

http://hobi-affi.com/kurumakaitori.html

このページから、アフィリエイトのリンク先へリダイレクトで飛ばします。アフィリエイトのリンク先のページが表示される前に、一旦リダイレクトページを挟むという流れになります。

リダイレクトを行うメリット&デメリット

わざわざリダイレクトを行うメリットとして、コンバージョン設定が簡単という利点があります。「リダイレクト用のページのPV = 外部リンククリック数」ということになるので、わかりやすいです。

また、一旦リダイレクトのページを挟むことにより、アフィリエイトのリンクであることがわかりにくい、リファラーの情報をASPに伝わらないようにする、といったメリットがあります。

この方法のデメリットとして、アフィリエイトリンクのインプレッション数が計測できないという点と、アフィリエイトのプログラム毎に、リダイレクトページを作成する手間が掛かるという点があります。私は、この手間を嫌って、今回説明するタグマネージャーで設定する方法に落ち着きました。

リダイレクトページ経由でアフィリエイトリンク先へ転送する設定方法については、パシさんのサイトで紹介されています。

アフィリエイトリンクをリダイレクトで内部リンク化する方法 | アフィリエイト野郎

プレーンなHTMLのサイトでも、WordPressでも比較的簡単に実装できる点は、リダイレクトを採用するメリットです。しかし、リダイレクトページを毎回作成手間が掛かります。その手間を省くために、私はタグマネージャーを使って設定することにしました。

タグマネージャーを使った設定方法

タグマネージャーを使った設定方法を説明します。まず最初に、以下のページを参考に、タグマネージャーを実装します。

画像付き!Google タグマネージャーの初期設定手順

次は、タグマネージャーで外部リンククリックのイベントトラッキングの設定を行います。以下のページを参考にして、イベントトラッキングの設定を行います。

【Googleタグマネージャ 新UI】外部リンクをトラッキングする方法 | Adlib

イベントトラッキングの設定が終わったら、実際に外部リンククリックをコンバージョンとして設定します。今回は、「A8のアフィリエイトリンクをクリックした場合」を計測する設定を例に挙げて説明します。

私は、「A8のリンクをクリックしたことはわかるけれど、どの商材のリンクかはわからない」という条件で設定を行っています。

Google Analyticsでは20個までしかコンバージョンを設定できないため、紹介する商材が多いサイトでは数が足りなくなってしまいます。そのため、ASP単位で計測しています。大まかな条件ですが、商材ごとのクリック状況はASPのレポートで確認できるので不自由は感じていません。

外部リンク以外にコンバージョン設定をしていない、一つのサイトで5個くらいしか商材を紹介しないといった場合は、商材ごとに計測する設定にしてもOKです。

1. 目標の説明を入力

1-1. 「管理 → 目標」をクリックしします。

目標をクリック
※これ以降のgoogleアナリティクスの設定画面の画像が見にくい場合は、クリックすると拡大します。

1-2. 「新しい目標」をクリックします。

新しい目標をクリック

1-3. 「カスタム」を選択します。

カスタムを選択し続行をクリック

1-4. 名前などを入力します。
①「名前」に「A8」を入力します。
②「目標スロット ID」は特に変更する必要はありません。
③「タイプ」は「イベント」を選択します。

名前などを入力

2. 目標の詳細を入力

A8のアフィリエイトリンクは、”px.a8.net”を含むため、「アクション」で「正規表現」を選択し、”(px.a8.net)”を入力します。

アフィリエイトの広告単位で分けて計測したい場合は、”px.a8.net”より後のリンク先のURLも追加しましょう。

アクションを設定

忘れずに!動作確認

サイトを開き、A8のアフィリエイトリンクをクリックして動作確認を行います。

Google Analyticsの「リアルタイム → コンバージョン」の項目で、A8のアフィリエイトリンククリックが、コンバージョンとして計測されていればOKです。

Google Analyticsでコンバージョンが計測できている

公開日:2016年9月2日|

カテゴリー:Google アナリティクスコメントはありません » 
Top