公開日:2016年9月13日|

使ってわかった!WordPressおすすめプラグイン


プラグイン一覧

「WordPress おすすめ プラグイン」で検索して、いろいろなサイトのプラグインの紹介記事見ても、「結局どれを使えばいいの?」という疑問が残ります。

人によって必要とするプラグインは異なるので当然です。今回はアフィリエイターである私がWordPressでサイトを構築するときに、使っているプラグインを紹介します。

とりあえずインストールするプラグイン

サイトを構築するときに、まずインストールしているプラグインを紹介します。定番のプラグインがほとんどです。

Contact form 7

お問い合わせフォームを簡単に設置できるプラグインです。説明不要なくらい定番ですね。

BackWPup

WordPressのまるごとのバックアップを取ってくれるプラグインです。

テーマ、投稿記事、画像、コメント、インストールしているプラグインなど、サーバーに万が一の障害が発生しても、バックアップから復元することができます。

設定方法は、タイガーさんのサイトで解説されています。すごくわかりやすく説明してくれているので、簡単に設定することができます。

プラグインBackWPupでWordPressのバックアップをDropboxにとる方法 | 成り上がりアフィリエイト

PubSubHubbub

パクリ記事対策として導入しています。

たとえ自分が書いた記事でも、Googleにインデックスされるタイミングがパクリ記事よりも遅い場合は、パクリ記事がオリジナルとしてGoogleに認識されることがあります。せっかくがんばって書いた記事であっても、コピーコンテンツ(パクリ記事)としてGoogleに認識されてしまいます(!)。

PubSubHubbubを使えば、記事の公開や更新が行われるとリアルタイムでGoogleに伝えることができます。パクリ記事よりも先にGoogleにインデックスされるように促すことができ、自分の記事がパクリ記事として悪い評価を受けてしまうことを防いでくれます。

SNS Count Cache

ブログを読んでいて、TwitterやFacebookのシェアボタンの表示に時間が掛かり、イライラすることはありませんか?このプラグインを使えば、シェアボタンを早く表示することができ、表示スピードをアップさせることができます。

シェアボタンの表示に時間が掛かる理由は、ページを開く度に各SNSのサービスにソーシャルのシェア数を読みに行っているためです。SNS Count Cacheを使うと、シェア数をキャッシュとして一時保存してくれるので、ページを開く度に各SNSサービスにシェア数を読みに行く必要は無くなり、ページの表示スピードがアップします。

ページの表示スピードの高速化は、ユーザーが気持よくサイトを閲覧してもらうための重要なポイントですよね。ユーザーに余計なストレスを与えないように、このプラグインを使っています。

SNS Count Cacheは、Twitter、Facebook、Google+、Pocket、はてブのシェア数とFeedlyのフォロー数を保存してくれます。これだけあれば十分ですね。

Broken Link Checker

リンク切れが発生した時に通知してくれるだけではありません。

自動でリンク切れの場所に打ち消し線を入れて、rel=”nofollow”まで付けてくれます。WordPressを使うなら定番のプラグインの一つですね。

Category Order and Taxonomy Terms Order

WordPressの初期設定のままだと、カテゴリーが増えてくると順番がグチャグチャになり、わかりにくく感じることが多いと思います。Category Order and Taxonomy Terms Orderを使うと、カテゴリーの表示順序をドラッグ&ドロップで変更できるので、カテゴリーをわかりやすく整理して表示させることができます。

同じような機能のプラグインで、”Category Order”を使っても大丈夫ですが、このプラグインを使うとカスタムタクソノミーの順番も入れ替えて表示させることができます。Category Orderではカスタムタクソノミーの順番までは入れ替えできません。カスタムタクソノミーを使う可能性が少しでもあるなら、Category Order and Taxonomy Terms Orderを最初から入れておきましょう。

使い方は以下の記事を参考にしてください。

カテゴリーとカスタムタクソノミーの順番をドラッグ&ドロップで簡単入れ替え!WordPressプラグイン|アイムービック エンジニアブログ

Parent Category Toggler

親子関係にあるカテゴリーの記事を書いていて、子カテゴリーにだけチェックを入れて、親カテゴリーにチェックを入れ忘れてしまうことはありませんか?このプラグインを使うと、子カテゴリーにチェックを入れた時点で、自動的に親カテゴリーにもチェックが入ります。

Parent category togglerの例

親カテゴリーにチェックを入れ忘れることは、よくあるので助かります。

Category Checklist Tree

Parent Category Togglerで忘れずに親子カテゴリーそれぞれにチェックが自動で入るようにしても、誤って親カテゴリーのチェックを外してしまうと、下に表示されるはずの子カテゴリーが上に来てしまいます…

Category check listの例

このプラグインを入れれば、本来あるべき親子の階層構造を保ったまま表示してくれます。

Category check listの例2

これら3つのカテゴリー系プラグインを入れておけば、誤操作でムダな時間を費やすことは減るでしょう。

EWWW Image Optimizer

アップロードした画像ファイルの画質は落とさずに、ファイルサイズを圧縮してくれるプラグインです。

テーマで使用されている画像を含め、既にアップロードした画像を一括で圧縮することができます。サイト公開後でも、EWWW Image Optimizerをまだ導入していない場合は、まとめて画像を圧縮できるので便利です。

設定方法や使い方は、バズ部のページで詳しく説明されています。

EWWW Image Optimizer の設定方法と使い方

Head Cleaner

ページの表示速度を速くするためのプラグインです。表示速度が速くなるように、CSSやJavascriptのソースを最適化してくれます。

ページの表示速度が遅くなる原因の一つとして、CSSやJavascriptの読み込みによる遅れがあります。WordPressの場合は通常の静的なHTMLのサイトと比較すると、プラグインやテーマに付随するCSSやJavascriptが数多く存在します。試しに右クリックをして「ページのソースを表示」をクリックしてみてください。驚くほど多くのCSSやJavascriptが吐き出されていると思います。これらのCSSやJavascriptそれぞれを読み込む時に少しずつ遅れが出て、全体的なページ表示速度が遅くなってしまいます。

Head Cleanerを使うと、CSSやJavascriptの読み込みによる遅れを最小限にしてくれます。設定方法は、バズ部のページで詳しく説明されています。

Head Cleaner の最も理想的な設定方法

W3 Total Cache

キャッシュを使って、ページの表示速度を早くするためのプラグインです。

ウェブページを開く時に、一度表示したことがあるページを表示する時は、速く表示されると感じませんか?これはブラウザに一時的に保存されている「キャッシュ」ファイルを利用して、ページの表示を速くしているためです。

WordPressの場合は、アクセスがある度にウェブページをサーバーで生成し出力しています。内容が同じであれば、アクセスの度にページを生成する必要はありません。キャシュを使うと毎回ページを生成する必要は無くなります。アクセスがあった時点ですぐに表示できるようにして、ページの表示速度を高速化することができます。

W3 Total Cacheの設定方法は、バズ部のページで詳しく説明されています。

W3 Total Cache のおすすめの設定方法

WordPressのテーマや、使用中のプラグインに応じて選択するプラグイン

最近のWordPressテーマには、多くの機能が実装されています。また、プラグインのインストール状況によっては機能が重複するものも出てきます。サイトの状態に合わせて、使用するか選択しているプラグインを紹介します。

最近のテーマは機能が豊富なので、昔より使用するプラグインの数が減りました。特に、賢威7を使い出してからは、この中ではGoogle XML Sitemapsしか使わなくなりました。

Yoast SEO

SEOに関する様々な設定を行うことができる便利なプラグインです。主な機能だけでも、こんなにあります。

  • 記事タイトル、meta descriptionの設定
  • カテゴリー、タグページのindex/noindex、タイトルやmeta descriptionの設定
  • SNSのOGP設定
  • SERPsのプレビューを見ながら、タイトルとmeta descriptionを編集可能
  • XMLサイトマップの生成
  • パンくずリストの出力

できることが非常に多いので、設定方法は非常に多岐にわたります。「yoast seo 設定」で検索して、様々な設定方法を確認するのが良いと思います。

jQuery Smooth Scroll

「トップへ戻る」ボタンと、スムーススクロールを同時に実装できるプラグインです。詳しくは以下の記事で紹介されています。

jQuery Smooth Scroll – ページトップに戻るボタンを追加できるWordPressプラグイン – ネタワン

スムーススクロール系プラグインを選ぶ時の注意点

スムーススクロール系のプラグインは、WordPressテーマのjavascriptに干渉することがあり、カクカクした動きになることが多いです。テーマによって相性の良い、悪いプラグインがあります。

jQuery Smooth Scrollを使ってみて、カクカクした動きになる時は、別のプラグインを試してみましょう。Googleで「スムーズスクロール プラグイン」と検索すれば、たくさん出てきます。

WordPress Related Posts

関連記事を表示するプラグインです。関連記事プラグインといえばYARPPが有名ですが、このプラグインのほうが便利なので乗り換えました。これらの点がWordPress Related Postsは優れています。

サムネイル画像付レイアウトを簡単実装

このようにサムネイル画像付きの整ったレイアウト表示(大切!)が、プラグインを有効化するだけで実装されます。

WordPress Related Postsの例

関連記事を手動でも選択可能

自分でオススメしたい記事があれば、このように関連記事に手動で追加することができます。

WordPress Related Postsの手動設定

CSSのカスタマイズ、表示位置の変更といったことも可能です。初期設定のレイアウトのCSSを元に自分仕様に変更すると、簡単に設定できるのでオススメです。

関連記事を選択する精度はYARPPのほうが高そうですが、手動で選ぶ、もしくは、しっかりと関連記事とは別にキラーページのような誘導先へ動線を貼れば問題は無いと感じています。

Google XML Sitemaps

クローラー向けのサイトマップを生成する定番プラグインです。

Google XML Sitemapsの設定方法

PS Auto Sitemap

クローラー向けのXMLのサイトマップではなく、訪問したユーザー向けのHTMLのサイトマップを自動で生成してくれるプラグインです。定番なだけあって、非常に便利です。

サイトマップ用の固定ページなど、サイトマップを表示させたい場所に、以下のコードを貼り付けるだけです。

記事が更新されると、サイトマップにも新しい記事が自動で追加されます。手作業では手間がかかりすぎてやっていられないので、このプラグインは重宝しています。

WP Social Bookmarking Light

FacebookやTwitter、はてブ、LINEといった、SNSアイコンを簡単に表示させることができるプラグインです。自動で記事上、記事下などに表示させるだけでなく、手動で好きな位置に表示させることも可能です。詳しくは以下の記事で解説されています。

WP Social Bookmarking Light – ソーシャルメディア共有ボタンを追加できるWordPressプラグイン – ネタワン

注意点として、LINEのボタンは初期設定のままだと大きく表示されます。

LINEのアイコンだけ大きく表示される

CSSを追加すれば、他のボタンと同じ大きさで表示されます。

LINEの大きさをCSSで調整

Crayon Syntax Highlighter

コードを表示するプラグインです。コードを表示するプラグインといえば、”SyntaxHighlighter Evolved”が有名ですが、Crayon Syntax Highlighterを私は使っています。

このようにソースコードを表示することができます。

表示速度が早い、簡単にコードの挿入や装飾ができるといった点で、Crayon Syntax Highlighterのほうがオススメです。

WordPress Popular Posts

サイドバーに人気記事を表示させるプラグインです。サムネイル画像付きの表示も可能ですが、サイドバーに画像を表示させると狭い感じがするので、記事タイトルのみを表示させています。

設定方法や使い方は、バズ部のページで詳しく説明されています。

WordPress Popular Posts で人気記事を表示する方法

他の方のおすすめプラグインまとめ記事

私が普段使っているWordPressのプラグインを紹介しました。これだけでなく、ぜひ他の方が使っているプラグインも見て、様々なプラグインの情報を仕入れてください。参考までにアフィリエイターの方が公開しているプラグインの記事を紹介します。

王さんのおすすめプラグイン

王さんが運営している看護師転職サイト「ナースカラーズ」で使っている、プラグインのまとめ記事です。スタッフのオカピーさんが書かれているのですが、各プラグインのコメントから経験豊富な様子が伝わってきます。

100以上のWordPressサイト構築で見えてきた必須プラグイン8選+おまけ | ナスカラblog

所長さんのおすすめプラグイン

所長さんが運営している車買取サイト「DRIVE ME CRASY」で使っているプラグインのまとめ記事です。普通のプラグインのまとめ記事では出てこない、専門性の高そうなプラグインが、たくさん紹介されています。

【情報公開企画第二弾】所長がアフィリエイトサイトで使用しているWordpressプラグイン全部見せます | ドライブミークレイジー開発日誌

人によって使うプラグインは結構違いますよね。いろいろなプラグインを試して、便利なものを見つけてみてください。

公開日:2016年9月13日|

カテゴリー:WordPressコメントはありません » 
Top